保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士の働き方 保育士の働き方とは? 保育士の給料はいくら?

保育士でも住宅手当はどれくらいもらえる?求人でみるべきポイントとは?

更新日:




保育士をやりたいと思っている方も多いかもしれません。
保育士は保育所や児童福祉施設において子供の保育を行う人であり、重要な仕事となっています。
保育士は国家資格の1つともなっているので、保育士になるには資格を取得しなければなりません。
保育士も責任を持って仕事を行う必要がありますが、保育士の住宅手当はあるのか疑問に思う方もおられるかもしれません。
住宅手当があるのか無いのかにより、保育士の仕事を行う点でも負担が違ってきます。
そのため、保育士の住宅手当について紹介していきます。

スポンサーリンク

住宅手当とは

住宅手当とは企業側が従業員に対して、住宅費用を補助する福利厚生のことを意味しています。
従業員の賃貸物件の家賃の一部を負担するものや、従業員の住宅ローン返済補助など内容は企業によって違いがあります。
住宅手当を受けられる人は主に正社員の人たちとなっています。
パートやアルバイトでは、住宅手当を支給してもらうのは難しいです。

また、住宅手当は社宅と違います。
住宅手当は社員が好きな物件を選んで、自分で契約します。
しかし、その一部を企業が負担してくれるものです。
社宅は企業が物件を借りて社員から一部の家賃を徴収するため、この点で大きな違いがあります。

もし住宅手当を受けるならば、扶養家族がいるのかどうかなども重要なポイントになってきます。
扶養家族がいるならば、支給額が増える場合もあり、その点を明確にしておく必要はあります。
勤務地というのも支給要件としてある条件で、都市部などならば家賃が高く設定されているため、住宅手当の額に影響がでます。
住宅手当はこのような内容になっていますが、住宅手当は費用の負担も大きいため企業側も行うことが難しく減少傾向になっています。
住宅手当の相場も1万円から2万5000円ほどとなっているので、家賃の金額にも到達していません。

スポンサーリンク

保育士でも住宅手当がついてある勤務先ある?

住宅手当は減少傾向にあるとは言え、保育士でも住宅手当が付く勤務先はあると言えます。
ただ、保育士の働く場所によって当然住宅手当がもらえるかは変わってくるので、全ての場所で住宅手当を受けられるわけではありません。
そのため、勤務先を選択するのも重要な部分と言えます。
保育士の給料ですが、大体16万円ほどとなっています。
年金や保険が引かれるため大体13、14万円が手取りで受け取れます。
ボーナスなどもあるとは言え、平均年収は320万円ほどとなっています。

保育士として働いて地方ならば家賃の負担は低いと言えますが、都市部ならば、家賃が高いため、13万円の給料では厳しいと言えます。
保育士の需要は高まってきているとはいえ昇給も難しい職業なので、しっかりと手当を受け取っておくことは重要なことだと言えます。
住宅手当を受けるには、まずは住宅制度を実施している自治体を確認しておく必要があります。
自治体が積極的に保育士の住宅手当を実施しているならば、多くの勤め先で住宅手当を受けることができると言えます。

住宅手当を実施しているのは東京都や横浜市、千葉県となっています。
都市部が住宅手当が充実していると言えます。

他の地方でも実施しているところはあるとは言え、少ないと言える現状です。
保育士が勤務できる場所もいろいろあり、その場所によっても住宅手当を実施しているところもあります。

保育士勤務できる場所は保育園や幼稚園、児童保護施設などがありますが、場所によってどこまで給料以外の手当があるのかは違いが生じます。
そのため、勤務をする前にしっかりと住宅手当などの手当があるのか、どれくらいの金額を受け取ることができるのかを確認しておくことが必要です。
地方によっては幼稚園や保育園の保育士の需要が低いため、住宅手当などの手当を実施していないところもあります。
住宅手当を受け取りたいならば、勤務先の内容とと自治体が積極的に実施している場所を確認しておくと住宅手当を受け取ることができると思います。

まとめ

保育園の給料は決して高く設定されているとは言えないので、しっかりと手当がもらえるものは受け取ることができるようにしておくことが大事です。
住宅手当以外にも保育士がで受け取ることのできる手当はあるとは言え、それらを含めても年収は320万円ほどとなっているので、高い年収とも言えません。

住宅手当を受けられるかは、勤務する前に確認しておく必要があります。
地方の保育園などならば、住宅手当が受け取れない、金額が少ないなどの問題点が多いため、住宅手当を積極的に実施している都市部が良いと言えます。
ただ、都市部ならば、家賃なども高額になるため、住宅手当の金額を確認する必要があります。
勤務先や場所によって、保育園が受け取ることのできる住宅手当の金額も変化しますが、生活していく上では知っておく必要があることなので、十分に考えておくことをおすすめします。

スポンサーリンク




1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士の働き方, 保育士の働き方とは?, 保育士の給料はいくら?
-

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.