保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士の給料はいくら?

保育士の30代年収平均はどれくらい?転職のタイミング?

更新日:




働き盛りとも言われる30代、早い人では家庭を持ち徐々に自分の家を持つなどの大きな買い物をする時期にも差し掛かっています。

しかし、保育士はなかなか昇給が遅い事もあって、他業種に年収で後れを取ってしまっているのも現実です。

特に男性保育士は、なかなか家族を養えない、将来に不安があるという気持ちを持って働いている人が多いのです。

今回はそんな30代の保育士平均年収について紹介していきます。

スポンサーリンク

30代保育士年収平均は?

では、早速年収の平均を見ていきましょう。

30代前半の平均年収は、384万円だと言われています。

30代後半になると更に上がって425万円、男女でも差があります。

男性は30代前半で438万円、女性は294万円、30代後半で499万円、女性は297万円となっています。

女性の社会進出が進む中でも、やはりどうしても女性の平均給与は男性に追いついていません。しかし、保育士の世界は女性優位な世界と言われる職業らしく、女性の方が平均年収は高いのです。

女性30代前半で362万円、女性30代後半で406万円と言われています。

男性30代前半は313万円、男性30代後半で335万円です。

女性だけで見ると、平均よりも大きく上回っているのが分かります。

保育士が激務である事、なかなか勤続年数が延びない事を危惧した自治体が、少しずつ福利厚生を充実させたり、給与を引き上げたりと頑張っている結果と言えるでしょう。

スポンサーリンク

30代がターニングポイントに

保育士が30代で迎える事、それが昇進と転職です。

基本的に保育士の上級職と言われるのは、主任保育士と副園長、園長の三人のみです。

しかも、そのポストも空きが出ない限りは交代しないので、保育士人生で昇進できないという人も珍しくはありません。

そこで、どうしても昇進したい人が行うのが転職活動です。

また、30代になってもなかなか福利厚生の条件が向上しない、給与も昇進しないという人も、保育士の経験に対して基本給を高く出してくれる園への転職を考えるのです。

30代での転職は、一般企業では今以上に良い転職先に行けるかと非常に慎重になる人が多いですが、保育士の場合は特に気にする必要もありません。

保育士は経験を積んで現場で役に立つ保育士は、どれだけでも需要があります。

好条件で今よりも良い転職先も必ず見つかるので、なかなか条件が上がらずに悩んでいる場合は、年齢も気にせずに転職活動を行った方が良いでしょう。

平均よりも高い給与が貰えているかどうか確認して、チャンスがあればどんどん転職に挑戦してください。

スポンサーリンク




1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士の給料はいくら?
-, ,

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.