保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士の給料はいくら?

保育士の年収~初任給の平均はどれくらい?どこがいい?

更新日:





保育士の初任給は、他の職種と比べてもかなり低い事で有名です。

元々保育士は子どもが好きだから、どうしても携わりたい児童福祉の世界があると強い意志を持って入って来る人が多いので、初任給はほとんど気にしていない人が多いのも現実です。

しかし、その努力が正当に評価されないと思うとやり切れませんし、様々な選択肢がある事にも気付いて欲しいので今回は敢えて、初任給の年の年収について切り込んでいきます。

スポンサーリンク

保育士の初任給は?

保育士の具体的な初任給はそれぞれの場所で違いますが、最も多いのは14万~16万の間のようです。

初任給はやはり少なく、保育士の平均月収である18万円には届かないのです。

無認可で、更に条件が悪い所になると一桁になってしまう事もあるのです。

初任給の後は普通に額面で提示されていた金額が振り込まれますが、やはり一年目は初任給の低さもあって年収平均は落ちてしまいます。

 

初任給が良い職場は?

初任給が上記の様に低い所を避けたいという人も中にはいるでしょう。

初任給が良い所となると、その分手当や元々の条件が良い所で働く事が求められます。

例えば、基本給の高い保育所、院内保育所、企業付き保育所、夜勤のある施設または保育所などが挙げられます。

上記に書いた中で、実習生をなかなか受け入れてくれないのが、院内保育所や企業付き保育所などです。

理由としては、病院や企業が経営している為に認可ではない事に加えて、院内保育は感染症対策などもあるのでなかなか実習生を受け入れていないのです。

実習に行けないとなると、内情が全くつかめない為に就職を躊躇う人もいますが、実際の仕事内容は普通の保育所と変わりません。

スポンサーリンク

初任給の年の平均は?

実際に保育士だけが極端に初任給が低いのでしょうか?決してそういう訳ではありませんが、他業種と比べた時にどうしても劣ってしまうのは事実です。

全職種の平均的な初任給は、20万3,400円と言われています。

しかし、この初任給の額を見て気付く人もいますが、保育士の平均月収よりも高いのです。

保育士はどれだけ働いても、一般企業での初任給の平均にも届かないのです。

こういった事情があって、保育士はなかなか給与面が悩みの種となって転職・離職が激しいのです。

保育士を志す時、最初は誰でも低い金額から始まります。

転職を繰り返すうちに必ず平均の給与より高くなるので、諦めずに高い給与になる様に経験を積んで頑張りましょう。

スポンサーリンク




1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士の給料はいくら?
-, ,

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.