保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士の給料はいくら?

保育士の年収は新卒の時よりも上がる?年収500万は超えていけるのか?

更新日:




保育士の年収は上がらないと有名ですが、実際新卒で貰う初年度の年収よりかは上がるのでしょうか?

よく、年収を上げる為に保育士は転職が当たり前だと言っていますが、どうしても自分が入りたい園があったり、新卒の所で最後まで働きたいという思いを持っている人もいるでしょう。転職しなくても年収は上がってくれるのでしょうか?

今回はその年収について説明していきます。

スポンサーリンク

保育士の年収は上がるのか?

年収が上がる保育所には条件があります。

 

・自治体の補助を受けている認可保育所・公立保育所である事

・保育士の待遇について重点を置いている

 

実はかなり大切なのはこの2点だけなのです。

その保育所が補助金を受けているかどうか、これが重要です。

保育所の運営は、基本的に補助金と保護者からの保育料で運営されます。

ですから、補助金がない無認可になると、その分の費用を保育料で補わなければいけなくなるので、保育士の給料も安く、昇給も期待できません。

働きたい保育所を見つけた場合でも、もしそこが無認可である場合は、昇給はほぼないと覚悟して就職してください。

 

一番年収が上がるのは

現在は院内保育や企業付きなどの様々な保育所が新設され、好条件でどんどん雇用が進んでいます。

しかし、やはり一番安定して昇給するのは、公立保育所の保育士です。

正規職員になれず、臨時の職員でもほぼ同じ待遇を受けられるので、公立保育所は一番人気と言っても過言ではありません。

保育士資格がないと応募できない事、そして保育所だけではなく、その自治体が運営する他の児童福祉施設(児童養護施設、児童自立支援施設、障害児施設など)にも転勤がある事で、応募する人もおのずと絞られてくるので、激戦と言えば激戦ですが、努力をすれば入れない場でもありません。

スポンサーリンク

年収500万円を超える保育士は一握り

実際に、年収が500万円を超える保育士は一握りしかいません。

しかも、その一握りも園長、副園長、主任保育士などの上級職であったり、公立保育所で長い年月勤めて昇給した人に限られてしまいます。

いくら認可保育所に勤めていても、役職が付いていない人で年収500万円を超える事はほとんどあり得ません。

家庭を支える人であれば、出来れば将来の事や子どもの事も考えて年収500万円を超えたいと思う人も多いでしょうが、なかなか実現はしていません。

児童福祉施設も、なかなか夜勤手当を入れても500万円を超える事は稀なので、どうしても年収を高くしたい場合は役職を目指すといいでしょう。

スポンサーリンク




 

1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士の給料はいくら?
-,

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.