保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士の給料はいくら?

保育士の年収500万は可能!超える方法を紹介!

更新日:




薄給が有名な保育士ですが、実際どれだけの昇給があるのでしょうか?

また、働き方によっては年収500万円を超える事も可能なのでしょうか。

今回は保育士をしながら年収500万円を超える方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

保育士は年収500万を超える方法

保育士の平均年収は323万円

保育士全体の平均年収は323万円なのです。

毎月の給与は平均としては18万円と言われていますが、これもあくまで平均であり、実際は15万円に満たない人、そして更には10万円を割ってしまう人も少なくはありません。

待機児童問題を解消する為に、沢山の保育所・託児所が作られている事で保育士の雇用の場・選択の場も増えてはいますが、補助金制度などは全くそれに追いついていません。

その為、無認可保育所は保育料のみの収入で運営を賄う事になってしまい、保育士への給与が低くなってしまうのです。

やはり、給与の高さで言えば、公務員保育士、私立認可保育士、無認可保育士、託児所保育士とランク付けされてしまいます。

特に託児所保育士は、人間関係が安定していて働きやすいというのもありますが、資格なしの人が多い為にアルバイトやパートの雇用形態で施設を運営しています。

ですから、どうしても正社員登用自体が難しいのです。

スポンサーリンク

 

年収500万円を超えるには?

では、保育士として500万円の年収を超えるにはどうすればいいのでしょうか。

やはり一番の方法は公務員保育士になる事です。

公務員保育士はスタートも18万円と平均、またはそれよりも多少少ない16万~17万円で、毎年の昇給があるので、働けば働くだけ年収は上がっていきます。

ボーナスも必ず支給されますし、年収500万円を超える保育士も多数存在しています。

年齢制限があり、30歳前後までが試験を受けられるチャンスですが、何度受けても大丈夫なので合格するまで受け続ける事も出来ます。

次に可能性があるのは、やはり大きな都市の保育所に就職する事です。

特に東京都などは、各自治体で保育士への補助を強化し、保育士不足を率先して解消しようという動きを見せています。

そこで、平均給与が20万円以上の園や、賞与が他の園の倍以上もあるような所も非公開求人で募集されています。転職サイトに登録して、非公開求人を確認してみるのも高給を取る為の手段の一つです。

また、最近増えてきている企業付き保育所、院内保育も元からの給与が高い為、賞与と合わせれば年収500万円を超える事も出来るでしょう。

 

経験こそ高給への第一歩!

なかなか今の環境から離れられない、なるべく職種を保育所から動かしたくないという人はまず経験を積んでいきましょう。

そうする事で、新しい職場で経験を買われて好条件で転職させて貰えるチャンスも来ます。

とにかく現場で一生懸命働く事が大切です。

[cc id=443 title="求人サイト"]


1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士の給料はいくら?
-,

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.