保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士の求人の探し方! 保育士就職・転職の面接の仕方! 保育士転職サイトの紹介! 転職・就職の時の志望動機のかき方

保育士の求人倍率は高い低い?就職競争に勝ち抜けるか?

更新日:




保育士は人手不足だと言われている為、転職・就職は比較的簡単な資格職としても有名です。

元々資格職は有資格者しか就職できないので自然と人数が絞れ、就活にも困らないと言われています。

今回は保育士の求人倍率について紹介していきます。

スポンサーリンク

 

人気ある場所は倍率が高い!

保育園の中でも保育士に人気が高い園の条件として、以下の物が挙げられます。

 

・福利厚生が良い(※交通費全額支給、マイカーの場合ガソリン代負担、育休・産休制度あり、住宅手当全額負担)

・人間関係が良い

・給与が高い

・年休が多い

・最先端の保育を取り入れている

 

上記のような園には保育士が殺到し、園側も多くの希望者を捌く為に非公開求人にして紹介制にする所もあります。

倍率にすると、特に人気があるとも言えない普通の園は定員一名に対し、一名来るか来ないか、多くても三名程しか応募はありません。

しかし、これが人気のある園になると、定員二名に対して十名近くの応募が来たりします。

 

公務員保育士の倍率は?

公務員保育士の倍率は、その地域と状況によっても大きく変わってきます。

定員一人に対して何十人も殺到する事もあれば、丁度定員ぴったりに収まる事まで幅広いです。

しかし、安定性や人気から2倍は必ず超えているので、保育士という条件の付いた公務員試験でも人気があるという事はしっかり頭に入れておきましょう。

 

就職活動に失敗する事はあるの?

一般企業を受ける就活生にスタンダードとなりつつある就職浪人、保育士にもあるのでしょうか。

保育士の場合、一度就職して職歴を付ければ条件の良い所に転職を目指せるので、就職浪人をするよりも就職をしておいた方が有利です。

保育士は大体1~2園受ければすぐ決まりますし、就職活動を開始するのも四大の場合4年生の夏からです。短大も大体2年の夏にかけて決まりますし、保育士の就活は短期決戦とも言えます。

仮に落ちてもすぐに次の園が見つかるので、就活失敗と言うのはまずありません。

おすすめ記事

 

 

倍率を勝ち抜くには?

保育士の高い倍率の園を突破する為には、まず保育士の基本的なピアノを弾くスキルなどの現場で役立つ技術を学んでおく事、現場に慣れている事をアピールする為にも保育士のアルバイトをしておくと好印象でしょう。

また、他にも児童福祉に関係するボランティアや、サークル活動で後輩指導などをしていた経験を語ると園からも好印象を持ってもらえます。

一般企業に比べれば倍率は各段に低いので、努力をすれば理想の職場に就職できます。

スポンサーリンク

[cc id=443]  



 

1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士の求人の探し方!, 保育士就職・転職の面接の仕方!, 保育士転職サイトの紹介!, 転職・就職の時の志望動機のかき方
-

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.