保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士の求人の探し方! 保育士就職・転職の面接の仕方! 保育士転職サイトの紹介!

保育士求人倍率推移でわかる人手不足の現状!でも、4倍を超えるところもある!

更新日:




保育士の求人は常に人手不足です。

それでも毎年求人倍率にも変化があっている事に気付いている人はいるでしょうか?

今回は刻々と変化していく保育士の求人倍率の推移について紹介していきます。

スポンサーリンク

 

保育士の求人倍率の推移

厚生労働省の保育士の求人倍率を見てみると、平成24年度の7月までは求人よりも保育士の職を求める人の方が多かったのですが、平成24年1月に入ると一気に逆転してしまい、求人に対して保育士の職を求める人の方が少なくなっています。保育士不足の始まりです。

保育士の劣悪な労働環境が明らかになり、なかなか進まない処遇改善、働きにくい環境が祟って、保育士を志す人が減っているのです。

しかも、その中でも有効求人倍率4倍を超えている場所があります。それが東京都です。

 

東京都の求人倍率が4倍?

東京都は、都全体で保育士不足を解消する事を目指しています。

その為に、独自の規則を決めてその基準を満たした園への補助や、保育士の処遇改善に取り組んでいます。

東京都は先進的な保育を行っている場所です、日本の保育の中心と言っても過言ではありません。

保育士を増やす為の取り組みも東京都で試験的に行われていますし、その為に保育士の雇用条件も他の地域より良いです。

しかし、問題として同様に保育施設が他の地域よりも多い事が、現在5倍を超える有効求人倍率を叩き出してしまっています。

東京都は保育士の処遇改善もですが、待機児童の改善にも積極的に取り組んでいます。

その為に、補助金を利用しながら保育園をどんどん開設していますが、そこに来る保育士が少ない為に、保育士不足が更に深刻化してしまっています。

決して労働環境が悪いから人が集まらない訳ではなく、保育士不足の現実が待機児童問題に大きな影を落としているのです。

 

有効求人倍率が高いのはチャンス!

前述した様に、有効求人倍率が高いのは、決して条件が悪いから人が集まらない訳ではないのです。

保育園を開設している所が多い為に人が集まらず、結果有効求人倍率だけが高くなってしまっているのです。

有効求人倍率が高い所は人手不足が深刻なので、キャリアアップや良い就職口を探すには非常に良い場所です。

沢山ある条件の中から、良い条件を見つけて応募したり、条件を交渉して就職する事も可能です。

条件交渉は一人でするには不安なので、転職サイトのコンシェルジュに担って貰ったり、園によってはどうしても人が欲しい為にどんな条件が良いかと尋ねてくる事もあります。

自分の中で絶対に譲れない条件を決めて、そういった有効求人倍率の高い地域で就職活動・転職活動をすると高い確率で成功します。

[cc id=443]

スポンサーリンク




 

 

1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士の求人の探し方!, 保育士就職・転職の面接の仕方!, 保育士転職サイトの紹介!
-,

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.