保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士になるための進路相談! 保育士の求人の探し方! 保育士転職サイトの紹介!

勧誘がしつこいのは嘘!保育ひろばの特徴とメリットとは?

更新日:




保育士としてスキルアップしたい、前の職場よりも良い条件の所に転職したいと思う人は多いですが、実際それを独自で動いて成功させている人は少ないです。

不安が多い転職活動で大成功を収めるには、『保育ひろば』の力を借りましょう。

しかし、登録した後に何度も電話がかかって来たり、しつこくされるのでは?

逆に何もしてくれずに、結局自分で探す事になるのでは?と不安もあるでしょう。

今回は保育ひろばの特徴とメリットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

 

保育ひろばの勧誘がしつこいって本当?

登録をすると、まず大体のサイトで相手の希望を聞く為に電話がかかってきます。

この電話で、

 

・専任のコンシェルジュ紹介

・どんな職種希望か(※保育所または施設、企業付きなど)

・園の規模

・具体的な転職時期

・日中に連絡が取れる時間帯

 

上記の事を伝えられます。

保育ひろばの場合、『まだ転職を悩んでいる段階で』と伝え、やたらに電話をして欲しくない、良い求人があればショートメールまたはメールで知らせて欲しいとお願いすれば、対応してくれます。

ですから、しつこく何度も電話をされる心配はありません。

どうしても緊急で、かなりの好条件の求人が入った時のみ、電話を貰う事がありますが、それ以外で登録したからと言ってやたらと電話は掛かりません。

電話を使わずにマイペースにやり取りをしていきたい人は、メールやショートメールを律用する事を提案してみてください。

 

ここからは保育ひろばの特徴を紹介したいと思います。
転職を考えているけどどんな転職サイトがいいか迷っている人は参考にしてください!

スポンサーリンク

保育ひろばの特徴

 

アプリも登場!

他の登録サイトには無い点で、保育ひろばはアプリを作っています。

どこでも最新の情報が確認できる様にという配慮です。

ふっと思いついた条件で検索をする事も出来ますし、他にどんな条件の園や職種があるのか確認する事が出来ます。

なかなかアプリまで開発している転職サイトはありません。

 

お祝い金がもらえる!

 

『ちいほいく』も登録すると交通費5,000円+転職成功で御祝い金貰えちゃう!

保育ひろばでは、『ちいほいく』というサイトも同時に開設しています。

こちらも転職サイトの中では珍しい、首都圏や大阪などの大都市の求人をまとめたものです。

都心部に出て、先進的な保育に触れてみたいと思いつつもなかなか踏み出せない人は多いでしょう。

ちいほいくでは、そんな地方で働く保育士を、転職成功までは勿論、入就後もサポートしてくれる上に、就職が成功すれば御祝い金まで出してくれます。

転職サイトの中には、転職活動が終わればそれで繋がりが切れるという所もありますが、ちいほいく又は保育ひろばでは、サポート体制も充実しています。

 

転職を迷っている人でも使える!

 

転職は自分の人生を左右する出来事です。簡単には判断できません。

保育ひろばでは、迷っている人も積極的に登録する様に声掛けを行っています。

無理矢理転職を勧めるのではなく、自分の働く環境が本当にベストなのか、待遇や人間関係などその人を取り巻く環境が良いと言えるのかを客観的に見てくれます。

転職サイトに登録をするのは、転職の意志が固まった人だけだというイメージが強いですが、保育ひろばでは改めて転職をするべきなのかという気持ちの整理・情報収集も歓迎してくれます。

どんな求人があるのか、本当に自分は転職でスキルアップが出来るのかと相談したい時も、保育ひろばに登録すれば解決します。

 

納得いくまで園探しに付き合ってくれる

 

転職サイトでは、一つか二つに絞った後は、その中から無理矢理選ばされるのではないかと警戒している人も多いでしょう。

しかし、その心配はありません。保育ひろばの場合、合わないと感じた場合は自分で断る必要もなく、全て専任のコンサルタントが園側と交渉を行ってくれます。

また、退職をどう切り出せば良いのか、新しい園との兼ね合いも全てコンサルタントが調整を行って、新しい園側へと日程調整を持ちかけてくれます。

転職するまでではなく、転職がスムーズにいくサポート、調整、そして就職後もサポートを続けてくれるのが保育ひろばの強みです。

 

一万件以上の求人を持ち、新設園も紹介してくれる

施設が新しく、人間関係もリセットされた新設園は保育士の間でも大人気です。

ですが、その新設園が末長く経営を続けて行けるか、保育士の上に立つ主任保育士や園長・副園長が人間関係を悪化させる原因とならないかまで調べてくれます。

保育ひろばは、いきなり面接という訳ではなく、気になった求人があった場合はその求人先へ見学を出来るかなど尋ねてくれます。

見学が出来る所であれば日程調整を行い、より詳しく求人者が園を知れる様に尽力してくれます。

 

条件交渉もあり!

『あと〇日休みが多ければ』『せめてお給料があと1万程度上がれば』と、なかなか園側へは言えない事も、コンサルタントが代わりに伝えて条件交渉を行ってくれます。

自分に合った求人を探すのは大切ですが、ぴったりの条件を満たす所を見つけ出すのは大変です。

そこで、園側の出している求人を自分の条件になるべく沿う様に交渉してくれるので、満足のいく転職が可能となります。

スポンサーリンク




 

1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士になるための進路相談!, 保育士の求人の探し方!, 保育士転職サイトの紹介!
-,

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.