保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士の仕事内容とは? 保育士の働き方とは? 男性保育士

男性保育士の需要が増えている理由!嫌という人もいるが・・

更新日:




今現在では、男性保育士の需要が増え続けているといえるでしょう。

女性の保育士も、もちろん、需要が豊富なのですが、男性の保育士も同様に需要が増え続けています。
そこで、ここまで、男性の保育士が全国的に求められている理由にはどういった理由があるのでしょうか。

男性ならではメリットあります!

男性保育士の需要が増えている理由について紹介します!

スポンサーリンク

男性保育士の需要が増えている理由

まず、男性の保育士の需要がある理由として、保育士が人手不足となっているというのが大きな理由となります。

今は、全国的に保育士の数が足りていない状態であり、潜在保育士や、あるいは保育士の資格がない女性や、子育てが終了後、手が空いている保育士の方を雇い入れている保育園も少なくありません。

こういった状況の中で、国家資格を持っている男性保育士は、それだけで求められる傾向にあるといえるでしょう。人手不足となっている今の保育業界では、性別は関係なく求められているといえます。

また、男性保育士が求められている理由として、体力的に優位であるという理由があります。

男性の保育士は、介護・看護の現場でも、体力的に女性よりも有利な面が多いですが、これは保育の現場でも当てはまるといえるでしょう。

子供たちと普段は走り回り、行事では重い荷物を搬入したり、さらには片付けに子供のだっこなど、色んなことを保育現場では同時進行をしなければなりません。

女性にしかできないきめ細やかなサービスはもちろんありますが、体力的には男性の方が圧倒的に有利であるといえるでしょう。
また、最近では、離婚率が上昇しており、父親を知らない子供も増えているといえます。

こういったシングルマザーの多い家庭で、子供たちは男性の保育士に心を開くことも多く、子供たちに良い影響を与えることが出来るという理由もあります。
このように、時代の流れや背景などもあり、男性保育士が多く求められているのです。

男性が保育士であるメリットとは?

男性が保育士であるメリットには、さまざまなメリットがあるといえるでしょう。

まずは先ほども述べたように、男性が保育士であると、体力的にも優位でありますし、職場でも色んな仕事を頼られることになります。
また、女性ばかりの職場も男性がいることによって、和やかな雰囲気になることはまちがいありません。

女性の職場特有のいじめや、ぴりぴりとした空気がなくなるなど、男性保育士の存在だけで、保育園の空気が変わることが多いです。

また、最近では、治安が悪化していることもあり、保育園も防犯面に力を入れているところが多いです。
男性の保育士がいることで、防犯上にも有利になりますし、男性が一人居るだけでも安心感が違うといえるでしょう。

さらに、男性が保育士として資格を持って働いていれば、それを子育ての現場に生かすことが出来ます。
家庭内でも子供の面倒を見ることが出来たり、家事や育児を任せることが出来るなど、家庭においても、保育士の仕事は役立てることが出来るのです。

スポンサーリンク

男性保育士をいらないという意見は?

このように、日本の保育業界では、男性の保育士が求められている傾向にありますが、中には男性の保育士をいらないという意見もあります。
それはなぜなのでしょうか。

たとえば、男性保育士はさまざまな子供たちの着替えや排泄などの面倒を見ることになりますが、女の子の保護者には、娘の着替えをさせたくないという意見を持っている方も多いようです。

また、排泄の世話をやって欲しくない…という意見もあるようです。
これは男性保育士への性差別ではないかと問題視されていますが、実際に保育園によっては、着替えの業務、おむつ

交換作業から外されてしまった男性保育士もいるようです。

どうしても、男性保育士に女の子の児童を任せることに抵抗があるという保護者の方も一定数存在していて、トイレトレーニングなど、こういったこともやってもらいたくない…と考えている方も多いです。

さらに、男性保育士の場合、女性の保育士と比較しても母性に欠けるのではないかだとか、何か安心しきれない点があると考える方も多いようです。

昔から保育士と言えば女性が多いというイメージであり、どうしても女性の保育士さんのイメージがありますので、男性の保育士という存在に抵抗があるという保護者の方も居て、こういった面で問題になっているといえるでしょう。
男性と言うだけで、偏見の目を持っている方も少なくないのです。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。男性の保育士の需要は、全国的に増えていて、さらに保育園にとっても色んなメリットが多彩にあるといえるでしょう。

男性の保育士は体力的に有利であり、子供たちともいっぱい遊ぶことが出来て、防犯上でも安心感があります。このため、多くの保育園では求められているといえるでしょう。
また、離婚率が増えている今では、男性保育士の存在に和む子供も居て、こういった面から、男性保育士の需要が増えているといえます。

スポンサーリンク




1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士の仕事内容とは?, 保育士の働き方とは?, 男性保育士
-,

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.