保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士転職サイトの紹介! 男性保育士

何が転職の原因?男性保育士にぴったりの転職先のおすすめ!

更新日:




男性保育士が転職を考えるケースというのは非常に多いといわれています。

なぜ、男性保育士が転職を考えてしまうのでしょうか。

その理由にはさまざまな理由があるといえるでしょう。

そして男性保育士が転職をする場合どこがおすすめでしょうか?

今回は、男性保育士の転職について紹介します!

スポンサーリンク

男性保育士が転職を考える理由

男性保育士が転職を考える大きな理由として給料が安いという点が挙げられます。

保育士は総じて給料が安く、男性が一生働く場合には、かなり厳しいところがあるという理由があります。
若いうちは、男性保育士として活躍していたとしても、将来的に結婚をして子供を養っていくことを考えた場合、男性保育士の場合には、給料が安く、生活面で厳しいケースが多いといえるでしょう。

実際に働いている男性保育士で、現状の給料ではやっていられないということで、転職をするケースはとても多いようです。

公務員になり、保育士として働くという方法もありますが、この場合には安定して働くことが出来ます。
しかし、私立の保育園になると昇給すら望めないというケースも多いですので、大きく違ってくるといえるでしょう。
公立の保育園は、公務員なので、退職者が少ないですし、毎年空きが出ないという問題もあります。

さらに、保育士の平均年収は、大体317万円となっており、かなり給与が安いことが分かります。

この給与は、同世代のサラリーマンと比較してもかなり安く、20代後半の時点で大きく差が開いてしまうのです。

どのような転職先があるか?

そこで、男性の方が保育士から離れて転職をする場合には、どういった転職先があるのでしょうか。

保育関係のジャンル

前述したように、公立の保育園などに転職をするという方法があります。

この場合、保育士でも公務員に当たることになりますので、それだけ多くの給与を期待することが出来るといえるでしょう。
また、同じ保育園でも株式会社認可の保育園で保育士として働くという方法があります。

この場合、年に2~3回程度のボーナスが貰える可能性も高いですし、また昇給がある可能性も高いです。

一般の保育園よりも待遇が良い可能性もありますので、こういった点でメリットが大きいといえるでしょう。

別の業界に転職を考えているという場合

今までのスキルを生かした業界に転職をすることがおすすめです。

たとえば、保育士の方の場合には、バスの運転手も兼ねていることが多く、大型免許などを取得しているというケースが多いです。

この場合、運送会社などに転職をするという方法があります。

大型免許を持っている場合には、配送業務などの仕事に就くことは容易いですし、保育士よりも給与がぐっとアップすることは多いです。

また、運送業界は万年人手不足であり、需要が全国的に豊富に存在しています。

このため、転職を考えた場合には、比較的転職しやすい業界であるといえるでしょう。
保育士と比較すると、肉体的には厳しい面もありますが、給与面では水準が高く、会社によっては、ボーナスや昇給も期待できるケースも少なくありません。

また、保育士の資格を既に持っているという男性は、さらに医療系の資格を取り、病院などの医療機関で働くという方法もあります。

たとえば、看護師の資格を取得するという方法もあります。
さらに、保育士の男性は、体力ともに優れていることが多いですので、フィットネス業界やスポーツ関係の職種に転職をされるというケースも多いです。

こういったフィットネス関係のお仕事は、保育士の資格を重宝してくれる会社もあり、中には子供を対象とした業界も多いです。
保育士として勤務をするよりも、会社に雇用されるため、安定して給与を得ることが出来る可能性も高い業界であるといえるでしょう。

スポンサーリンク

男性保育士が転職に必要なこととは?

男性保育士の方は、会社でサラリーマンとして勤めた経験がないことも多いです。

このため、一般企業に転職をする際に、どうすればいいのか分からない…という方は多いようです。しかし、男性の保育士でも粘り強く頑張れば転職をすることは可能ですし、自分のスキルなどを生かして、採用されるというケースもあります。

男性保育士の方が転職をする上で必要なことですが、まずは年齢が若いと言うことが必要であるといえるでしょう。
やはり一般企業では、若い人材を積極的に採用しているという業界が多いですので、年齢が高い場合には、それだけ不利になってしまう可能性があります。

このため、保育士からの転職を考えているのであれば、なるべく若いうちに、行動をする必要があるといえるでしょう。
また、男性保育士が転職をする上で必要なのは、やる気があるかどうかということです。

保育士を辞めてしまったということで、面接の際には、また辞めてしまうのではないか…と思われてしまう可能性があります。
このため、やる気を持って取り組めるかどうかが大切になります。

いかがでしたでしょうか。男性保育士が転職をする際に、これらのことを参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク




1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士転職サイトの紹介!, 男性保育士
-,

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.