保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士の給料はいくら? 保育所の公立・私立

保育士の年収は公立と私立でどれだけ違う?生涯年収を比較!

更新日:




保育士の年収は、公立保育所と私立保育所で大きく違います。

公立保育所は毎年必ず昇給をしますし、元から保育士の平均の18万円の給与を支払ってくれます。

ですが、私立保育所は認可・無認可だけでも大きな開きがあります。

そこで、今回は年収の違いを公立と私立で比較していこうと思います。

スポンサーリンク

公立保育所の年収は?

まずは公立の保育所の年収を見ていきましょう。

公立の保育所の年収は、平均537万円と言われています。

保育士は元々給与の低い仕事なので、500万円を超えるのは、私立では園長・副園長・主任保育士と限られた存在のみです。

しかし、公立になると勤続さえしていれば、毎年の昇給を経て500万円の年収を超える事も可能なのです。

 

私立の場合は?

ここで私立を見ていきましょう。

私立は非常に開きが激しく、賞与自体がなかなか出ない保育所もあるほどです。

どうしても運営を優先するあまり、保育士の人件費を削らざるを得ない状況、または利益を追求する為に保育士の給与を限界まで削っている園もあります。

そういった園の事もあり、平均は316万円と低く留まっています。

なかなか無認可保育所になると、大きな園を構えていてもその分出費も多く補助金もないので、保育士の給与が手取りでぎりぎり10万円という所も珍しくはありません。

無認可保育所は、保育補助や保育士のパートを多く雇う傾向にあり、自由さを売りにしている所が多いので、人間関係で悩む所は少ない傾向にあります。

しかし、それでも離職率が高いのは、どうしても給与と仕事内容が釣り合わないからという理由があります。

経験を積んでおけば、新しい保育所に転職する際にも前よりも高い給与の転職が期待できます。

そういった理由で、公立よりも私立の方が給与も低く、そして人の入れ替わりも激しいのです。

スポンサーリンク

 

生涯年収が大きく違う

私立保育園の平均を超えていても、同じ仕事をしている公立の保育所保育士にはなかなか届きません。

30歳以上になると、公立保育士への道は閉ざされてしまうので、今度は転職や昇格を狙って昇給をし、公立保育士の年収に近付けるしかありません。

本来の保育士の働きには、それだけの金銭的な価値があり、何年も何年も保育士達はそれを訴え続けてきました。

しかし、現在もなかなかそれは実現されておらず、保育士達の仕事と給与が釣り合わない状況が続いています。

保育士不足を解消する為にも、一日も早い保育士達への処遇改善が求められます。

そして、公立保育所と私立保育所の格差がなくなる様に訴え続けなければいけません。

スポンサーリンク

 



1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士の給料はいくら?, 保育所の公立・私立
-, , ,

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.