保育士のなりかた・就職・転職・についての情報!保育士をしていくにあたっての悩みを紹介、解決します!

保育士ナビ.COM

保育士の求人の探し方! 保育士転職サイトの紹介!

保育ひろばに登録する前の注意点とは?お祝い金があるって本当?

更新日:




保育ひろば、保育士の間でも人気の転職サイトです。

転職をした事のない人、ブランクがあって再び働けるか・職場が見つかるか不安な人でも安心して使える無料のサイトです。

しかし、口コミでは『何回も電話がかかってくるんじゃないかと不安』や、『無理矢理転職先を決められるんじゃないか』と不安を訴える声も上がっています。

今回はそんな保育ひろばに関して、登録する前の注意点や、お祝い金が本当にあるのか検証していきます。

スポンサーリンク

 

保育ひろばの注意点

『保育ひろばからしつこく電話がかかって来る!』と言うのは、本当ではありません。

実際は、登録の際の最初のコンシェルジュとの打ち合わせ、その後予定を聞かれた上で、必要に応じて電話を掛けてくれます。

何度もしつこく電話が来る事はないので、安心してください。

ただ、最初の打ち合わせは必須なので、その電話を取れなければ何度かかかって来る事はあります。

やはり、いくら長年の保育士としての実績があっても、一度も言葉を交わしていない相手へ、重要機密の詰まった非公開求人や、人気のある園へ紹介するのは不安でしょう。

保育ひろばでは、早ければ2ヶ月以内に次の転職先が決まります。

ですが、その前にきちんと細かい所まで依頼者の希望を聞く為に電話を行うのです。

初回の電話が取れない場合は、登録時にその旨も記載し、電話をして欲しい日取りを書けば、指定した日に電話をくれるので、心配はいりません。

スポンサーリンク

 

上京を考えての転職なら絶対ちほいくを利用した方がいい!

保育士の求人の中でも、高給であったり、地方よりも福利厚生が充実しているのが大都市と呼ばれる地域の児童福祉施設です。

結婚などの引っ越しに合わせて、保育士としての上京を考えている人に向いているのが、この保育ひろばの行っている『ちほいく』という取り組みです。

このちほいくでは、上京して就職したい保育士に交通費5,000円を負担してくれます。

また、転職が成功すればここでもお祝い金が貰えます。

何度も自分一人で都市部の数多くの求人を漁り、不合格になればその都度上京して何度も交通費を支払わなければいけないのに対し、ちほいくに登録すれば、コンシェルジュが理想の児童福祉施設の目星をつけてくれます。

そして条件交渉から日程調整まで全て行ってくれるので、自分で何度も園側と交渉する必要もありません。

他のサイトには無いこの驚きの取り組み、利用しない手はありません。

転職に際し上京も視野に入れている人は、是非ともちほいくを利用してください。

 

転職のイメージを持てなくても大丈夫

簡単に『どこに転職したいか』と考えても、条件や雰囲気など考えなければいけない項目は沢山あります。

現在いる園の人間関係が悪く、人間関係の良い職場のイメージが持てない人、自分が本当に保育士に向いているか自信がない人、ブランクがあって復職に不安を持っている人など様々いるでしょう。

しかし、保育ひろばではその不安も初回の相談で話せば、転職コンシェルジュが丁寧に対応してくれます。

そして、転職を考える際に抑えるべき項目も向こうから質問してくれるので、自然と園を絞る事も出来ます。

また、ブランク明けでも十分に働く事の出来る園、サポート体制の整った園、新設園と様々な条件の園を紹介してくれますし、実際に園見学ができるか交渉も行ってくれます。

ブランク明けでも悩む事なく、自分の理想の職場に就く事が出来るので安心です。

 

お祝い金は本当に出るの?

転職サイトを無料で使える上に、転職コンシェルジュも専任でついてくれるのに、利用料は一切発生しません。

それどころか、指定された勤務時間以上働くと、就職お祝い金まで出るのです。

正社員、または派遣スタッフとして週に32時間以上働いている人には2万円分、非常勤や週32時間以内働いている人には5千円分の商品券がプレゼントされます。

薄給である保育士にとってこの額は決して安い物ではありません。

転職をする事が決まっているなら、自分で調べるよりも広い範囲で理想の職場を見つけてくれる保育ひろばに登録し、転職を成功させてお祝い金が貰える方がいいでしょう。

悩んだ場合は是非とも保育ひろばに登録しておきましょう。

 

退職交渉のアドバイスにも応じてくれる

退職を職場に言い出す勇気が出ない、どう切り出して良いか分からないと、ここも転職者のネックとなって転職を滞らせています。

しかし、保育ひろばでは脅威の94.2%の満足度を確立しています。その理由が、この退職交渉アドバイスです。

園側に言い出す時期、言い方、タイミングなど全て相談に乗って、親身になってアドバイスを行ってくれます。

また、新しい園は現職の園を退職してからでないと勤められないので、その日取り調整も全て行ってくれます。

自分で新しい園へ気を遣う事なく、スムーズに退職して次の職場に行けるのも、保育ひろばの強みです。

転職をしたいと少しでも心に考えがある人は、まずは気軽にどんな転職先があるか確認するつもりで保育ひろばに登録し、覗いてみてください。

スポンサーリンク




1

高校では2年生に進級する際に、ほとんどの学校で文系と理系の選択を迫られます。 高校生から既に保育士になりたいと考えている人は、一体どちらの進路を取ればいいのでしょうか? 今回は高校生の文系・理系の選び ...

no image 2

保育士の資格をとるためには厚生労働省が定めた規定を満たす養成学校に通う事が求められます。 それは高校を卒業してからです。 しかし、高校で保育学科に行っても保育士資格は得られません。 だからといって高校 ...

3

保育補助と呼ばれる仕事を知っていますか? その名の通り、保育士の補助を行ってくれる存在です。 これは無資格でも仕事が出来ます。 事情があってどうしても資格取得が出来ない 資格をとる前に実地で経験を積み ...

4

 保育士の養成学校選びは悩みます。 勉強は深く出来るものの卒業まで時間がかかり、さらに費用もかさむ四年制大学。 4年制大学を避けて、短大や専門学校を選ぶ人も多いです。 短大と専門学校を比べた時にはどち ...

no image 5

 保育士の平均年収は3,233,400円という統計が出ています。 しかし、実はこれも一律という訳ではなく、更に細かく男性と女性や年齢ごとに分けられています。 平均的な勤続年数は7.6年、平均年齢は35 ...

-保育士の求人の探し方!, 保育士転職サイトの紹介!
-,

Copyright© 保育士ナビ.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.